1坪洗面室

我が家の洗面室の広さは1坪です。限られた広さですが、空間を最大限に有効活用させることで1坪でも十分であるとも感じています。まず扉の開閉時にデッドスペースを生まない引き戸を選択しました。そして、洗濯機の上部辺りに設けられることの多い窓を、天井近くに横長のものを設置し、チェーンで開閉できるものにしました。高い位置に窓を設けることで、物で窓をふさぐことがなくなり明るさの確保、風通りの良さを得られるのです。それだけでなく、壁面を確保できるので収納スペースとして利用させることができるのです。

その窓の下には洗面化粧台と洗濯機を横並びに設置しています。これらの間に30㎝ほどですが隙間が生まれました。隙間をそのままにするのではなく、洗面化粧台の奥行と高さを合わせた隙間収納を設けて収納スペースとして利用させました。わずかな収納スペースのようにも感じられますが、タオル類やお化粧道具、ヘアアイロンや洗濯用洗剤など洗面室に欠かすことができないものをしっかりと収納することができています。

そして、洗濯機の上部の壁面には可動オープン棚を設けて、家族の下着や部屋着を収納するスペースとして利用しています。洗面室で利用する物がきちんとその場に収められているので使い勝手の良さを得られています。入浴の前後では着替えやタオルの一時置き場があると便利です。そこで開閉式のカウンターを設けました。入浴時はカウンターを広げて利用し、使わない時は壁にスッキリと収められます。このようにちょっとした工夫で利用のしやすい空間、そして収納スペースの確保に繋げられるのです。

広々洗面室

洗面室は家族みんなの使用頻度が高い空間です。生活を送る上でも家事を行う上でも使用するためまず洗面室の間取りに注目しましょう。そこで我が家は、洗面室への動線を2方向確保しました。動線を確保することで壁面が奪われてしまいます。収納スペースの確保も難しくなるため洗面室の広さをしっかりと確保しました。広さを得ることで壁面を確保でき、収納スペースを確保することができますし、行き来のスムーズさを確保することもできます。

まずは玄関からの動線です。子ども達が外で遊んで帰宅すると汚れていることも多いです。玄関からスムーズに洗面室へ行けるように動線を確保することで、汚れをサッと落とすことができ、室内も汚しません。また、手洗いの習慣も身に付きやすくなります。

そして、一体感のあるLDKからの動線です。中でもキッチンから行き来がスムーズに行えるようにしています。家事を行う上でキッチンと洗面室は何度も行き来をします。キッチンで夕飯の支度をしながら、洗面室で入浴の事前準備をしたり、朝食の支度をしながら洗濯を行ったりと同時に2種類の家事を行うこともあるだけにこれらの動線を短く、そして行き来のスムーズさを確保することで家事効率が高められるのです。

また、悪天候時や夜洗濯を行った場合でも洗濯物干し場に困らないようにここに室内物干しを設けておくと洗う→干すという作業が楽に行えます。洗濯物を干すならばある程度の広さがないと、洗濯物が邪魔になり身動きがしにくくなるのです。そして、洗面室にはタオル類だけでなく、家族の下着やパジャマまで整理しておくことで入浴の事前準備がスムーズに行えるためしっかりと収納スペースも確保しておきましょう。洗面室の快適性は住まいの快適性と言っても過言ではないのです。

洗面室は大事

洗面室は、洗顔や手洗い、お化粧やヘアセットなど身だしなみを整えたり、入浴の前後でも利用します。また、洗濯機を設置する家庭も多く家事を行うスペースとしても重要な空間です。家族みんなの利用頻度が非常に高いため住宅の中で重要な空間と言えるのです。

我が家はこの洗面室をキッチンのすぐ隣に配置しました。キッチンの横に浴室・洗面室、そしてトイレを設置しています。主人が子どもをお風呂に入れてくれることも多いのですが、浴室からの声、一人でトイレに行った子どもからの声がキッチンへ伝わってきやすく、スムーズに対応しやすいのです。洗面室を設ける際にはその配置がポイントの一つでもあります。

キッチンで家事をしながらでも洗面室へのアクセスのしやすさが求められますし、玄関からの動線も重要です。そこで洗面室は、LDKからと玄関からの2方向からの動線を確保し、行き止まりをなくすようにして動線のスムーズさを高めておくといいのです。LDKからの行き来のしやすさを確保することで、入浴や歯磨きなどの際に便利ですし、キッチンからも行き来がしやすいことで家事効率が高まります。玄関からの動線を確保することで帰宅してすぐに手洗いや部屋着に着替えることができるのです。

動線のスムーズさを確保すると同時に、収納スペースの確保も行っておきましょう。多目的に使用される空間だけに物も集まってきやすいのです。物で溢れてしまうと一気に生活感が出てしまうので、収納スペースをしっかりと確保し、物がきちんと整理できるようにしておくのです。入浴の前後でも使用するだけに、タオル類だけでなく家族の下着やパジャマまでここに整理しておけると便利さが高まります。洗面室に目を向け、暮らしやすい住まいを目指しましょう。

サンルーム

我が家はリビングの先にサンルームを設けました。サンルームがあることで外との繋がりを高めることができます。自然光をたっぷりと取り入れたサンルームは、室内では得られない開放感が得られます。リビングとの一体感を大事にするためにサンルームとリビングの境には段差を設けずフラットに繋ぎました。

そして大開口の窓を設け、サンルームとの一体感を高めたのです。段差なく行き来できることで小さい子どもから高齢者まで安心して行き来が行えますし、サンルームをより身近な空間として感じられます。サンルームをリビングの延長として子ども達が遊んだり、ペットと過ごしたり、ママ友とお茶をしたり、家族みんなで食事をしたりするのです。リビングで過ごす時間とは一味違った時間が流れます。

前面と側面には開閉自由なパネル扉を設けました。天気のいい日にはこのパネル扉をフルオープンにして庭との一体感を高めます。庭の景観を楽しみながら太陽の日差しや心地よい風を肌で感じます。雨などの悪天候時はフルクローズにすれば通常通り利用できるのです。

ここには洗濯物干し場を完備しています。天候に左右されることのない洗濯物干し場は毎日の家事を円滑に行えます。サンルームのデメリットは、夏はサンルーム内が高温になり暑くなります。冬は日が差さないと寒いことです。内部日よけやカーテンで日差しを和らげたり、エアコンなどの冷気が逃れるのを防ぐ必要があります。冬は二重窓効果で室内が温かくなります。デメリット対策を行いアウトドアリビングを楽しめる住まいを目指しましょう。

長期優良住宅

長期優良住宅とは、新築時の建物を長期的に良い状態を保つことができるようにして、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑え、環境への負担を軽減し、建て替えに係る費用の削減や住宅に対する負担を軽減することを目的としています。

新築された時だけでなく、将来のメンテナンスのしやすさまで評価されるというのが特徴的です。長期優良住宅と認定されるには7つの認定基準を満たさなければなりません。

1.劣化対策(耐久性)です。世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能が求められます。2.住戸面積です。良好な居住水準を確保するために必要な規模を有していなければなりません。
3.維持管理・更新の容易性です。メンテナンスしやすくリフォームしやすい家にしなければなりません。
4.居住環境です。地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであることが求められます。
5.省エネルギー性です。断熱性能など一定の省エネルギー性が確保されている必要性があります。
6.耐震性です。大規模な地震に対して倒壊しにくく、またもしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要です。
7.維持保全計画です。建築後の住宅維持保全の期間が30年以上です。構造上主要な部分、給配水管などについて、仕様・点検において予定時期が指定されたものでなければなりません。

これら7つの認定基準を満たしてはじめて長期優良住宅と認定されるのです。認定されれば住宅に関する税金の優遇措置がとられ家造りを財政面からもバックアップしてくれるのです。我が家は長期優良住宅にしましたが、メリットが多く長期優良住宅にしてよかったと実感しています。

キッチンの前に腰壁

我が家はI型のキッチンをリビングに向かって配置する対面式キッチンです。吊り戸棚をなくし、コンロ部分は壁ではなく耐熱用のガラス張りにしました。そうすることでリビングやダイニングとの一体感が高まり、キッチンからの視界も良くなることで家族と顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくなります。

気になる手元部分がしっかりと隠せるようにキッチンの前に腰壁を設けました。腰壁があることでお鍋やフライパン、食材などが乱雑になっている状態がリビングから丸見えになるのを避けられます。そのため急な来客時でもスムーズに対応できるのです。この腰壁を利用してL字型にカウンターを配しました。ここでは、朝食をとったり、おやつを食べたりする際に重宝しています。調理したものをサッと目の前に配膳するだけなので朝のバタバタする時間には大変助かっているのです。夕飯の支度をしながら子ども達はおやつを食べ、キッチンを通してコミュニケーションもはずみます。

家事や育児の合間を利用してここで私がパソコンをしたり、コーヒーを飲んだり休憩スペースとしても重宝しています。そして、壁の厚みを利用してニッチを設けています。キッチン側に調味料入れのニッチを設けたので、今まで作業スペースに並べていた調味料をこのニッチ内に収めるようにしたことで、作業スペースが広々と調理がしやすくなりました。キッチンに腰壁を設けたことでキッチン周りが充実してキッチンを通してのコミュニケーションが楽しくなっています。

独立型VS延長型

間取りを決める際に意外と頭を悩ませるのが和室です。和室をどのように利用させるかをしっかりと考え配置を決めるようにしましょう。今までは独立型の和室が設けられることが多かったです。独立型の和室は、生活感の溢れるリビングを見られたくないお客様をお通しする際に客間として利用できます。お客様に関係のない家族は通常通りリビングで過ごすことができるのです。また、宿泊ルームとしても便利です。リビングからのテレビの音や喋り声を気にすることなくゆったりとお客様にくつろいでもらうことができます。

しかし最近では、リビング延長型の和室が多いです。その理由は、客間にお通しするお客様はほとんど来ず、家に来るお客様は気心の知れた人ばかりで、リビングに案内します。また、リビング延長型の方が和室を多目的に利用しやすいのです。建具を設けておけば建具で区切って個室として利用することもでき、幅広い活用法ができるのです。

我が家は悩んだ末にリビング延長型の和室を設けました。普段は建具を開け放ちリビングの延長として和室を利用しやすくしています。子ども達がおもちゃを落としても音が響かず、転んでも痛くない畳は安心して遊ばせることができています。昼寝スペースとしても重宝しています。将来的には夫婦の寝室として利用させたいと思い、クローゼットを充実させています。和室の利用法に適した間取りを取り入れましょう。

ニッチ

最近住宅で多く取り入れられているニッチ。ニッチとは壁の厚みを利用し壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用することができます。壁の厚みさえ無駄にしない家造りはこれからも益々人気を高めていくことでしょう。我が家の新居にもできるだけニッチを設けてもらいました。

柱や筋交の影響でニッチが設けられる位置やサイズは変わってきます。私が一番気に入っているニッチは玄関に設けたスリッパラックのニッチです。縦長サイズのニッチの中にはお客様用のスリッパを収納しています。お客様用のスリッパの収納場所は意外と頭を悩ませます。また、お客様用のスリッパは使用頻度も低く、玄関に置きっぱなしにしておくと使用する時にはホコリをかぶっていることもあるのです。置き型のスリッパラックでは通行の際、邪魔に感じたり玄関に圧迫感を与えてしまうこともあります。

このスリッパをニッチ内に収めることで玄関をスッキリと、そしていつでもきれいなスリッパをお客様に使用してもらうことができます。このスリッパラックのニッチの前にはミラー扉を設けました。生活感を感じるスリッパを隠して収納することで生活感を感じさせず、扉があることでホコリをかぶる心配もないのです。この扉を鏡にしたことで、家族がお出かけ前に身だしなみをチェックできるので非常に便利なのです。他には、リビングにリモコンニッチを設けたり、腰壁にはマガジンラックや飾り棚を設けたりあらゆるところにニッチを設け、活躍してくれています。

トイレ

トイレは家族の使用頻度が高い場所ではありますが、滞在時間は短いという特徴があります。その特徴を活かした機能性に優れたトイレを我が家は取り入れたのです。それは、瞬間暖房便座です。これは、センサーが人の動きを検知し、使用する時だけ便座をあたためてくれるのです。トイレを使わない時間の保温電力を大幅に抑えることで、年間の電気料金を約5000円ほど節約できるのです。トイレは光熱費が大きく関わる場所でもあるだけに省エネ性に目をしっかりと向けておきましょう。

この便座を取り入れると同時に、超節水タイプのトイレを選びました。少ない水でしっかり便器を洗浄してくれるだけでなく、家庭でできる節水を、世界の水資源の保護とCO2削減に繋げられるのです。この超節水タイプにすることで年間14000円もお得になるので、家計を大きく助けてくれるのです。このように省エネ性の高いトイレにしておくことと同時に居心地のいいトイレというのも目指したいものです。

明るく清潔感を感じられるトイレは誰が使用しても気持ちのいいものです。そこで我が家はトイレをスッキリと見せるためにタンクレストイレにしました。トイレは広さに限りのある空間です。タンクがないトイレを設置することでスッキリとした印象になり狭さを感じにくくなります。

タンクレストイレにすることでトイレ内に手洗いスペースを設けることが多いです。我が家はここのデザインにこだわりました。住宅のテイストと合わせてアンティーク調のデザインのものを取り入れ住宅全体のまとまりを高めました。そしてトイレが明るい印象となるように、クロスの色味やデザインにまで目を向けました。トイレは第一印象が重要な空間でもあるのでその印象を大事にしましょう。

間取り

注文住宅で家を購入すると決めなくてはいけないことがたくさんあります。まず一番最初に行うことが、間取りを決めることです。この間取りによってその住宅の暮らしやすさが変わってくるだけに、動線に配慮しながら家族みんなにとって暮らしやすい家を目指したいものです。

この動線には、生活動線と家事動線があります。そのどちらにも配慮しなければならないのですが、専業主婦で日々家事と育児に追われている私は、家事動線を特に重視しました。家事動線を考える上で一番重要な動線は、家事の中心であるキッチンと洗面室です。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行い同時に2種類の家事を行うこともある2つの空間であるだけにできるだけ動線は短くしておきましょう。

我が家はキッチンの通路を挟んで隣に洗面室を設けました。キッチンと洗面室は4、5歩で行き来ができ、また一体化したLDKなのでリビングやダイニングからも洗面室へアクセスしやすいので生活動線にも配慮されています。キッチンと洗面室の動線を短くしたことで、家事の効率が高まっています。

そして、洗濯機のある洗面室から洗濯物干し場への動線も重要です。洗濯も毎日行う家事の一つです。それだけにこれらの動線が長いと家事の効率を下げることになるのです。一番避けたいのが、一階の洗面室で洗濯をして二階のバルコニーに干すという動線です。動線が長い上に間に階段を挟みます。高齢になった時や妊娠時には体に負担がかかってしまうのです。洗濯機のあるフロアに洗濯物干し場があるといいと言われています。家事動線をコンパクトにすることで家事の効率が高まり、家事の時短も実現できます。間取りを決める際には、動線にしっかり配慮しましょう。